Tokiwakai BLOG

Date : 2018.11.14

 今年9月の男子部文化祭に出展していた男子部「アマチュア無線クラブ」の活動が、専門誌『CQ ham radio』2018年11月号に大きく掲載されました。

1811_CQhamradio_cover-1.jpg
      
           
  当日、私は東京から男子部文化祭に行きました。その時の模様が掲載されています。

 1964年、当時、高1だった私(S19)が、同好の仲間2人(S18 の時田昌幸先輩と、S20 の大西直樹君)と創ったこのクラブは、その後、人数不足で廃部になってしまっていましたが、昨年(2017年)に復活しました。
 
今回の文化祭は、元ラジオ部の先輩の加藤建さん(S 17)から、「無線クラブが復活するから是非とも来るよう」、強くお誘いがありましたので伺いました。私が高校時代に指導してくださった、当時、既に社会人だった先輩達との再会も果たすことが出来ました。
 
 その日、無線クラブが取材をうけたことは、雑誌発売後に、創立メンバーのひとりである大西君から連絡を受けて知ることになりました。

 現在、活動中の男子部5人のメンバーが、 無線機の展示、アンテナを仮設しての無線交信、モールス信号の実演などの催しを行った文化祭の様子や、インタビューが掲載されており、「アマチュア無線クラブ」の十数年ぶりの復活に、とても感慨深いものがありました。  
            
                                            花井孝一(S19・常盤会東京支部幹事)
 
『CQ ham radio「青春よ、空へ!学生クラブ訪問」






コメント

コメントしてください(回期または卒業年度とお名前を必ずご記入ください)

名前:


メールアドレス:


URL:


コメント:





ページトップへ