Tokiwakai BLOG

Date:2019.01.26 Posted by:minami

「ココロが動けばヒトが動きマチが動く」・・この精神で地域を活性化するプロデューサー・映画監督・大学講師の石丸みどり(G25)さんをご紹介します。

ishimarumidori.jpg
                             石丸みどりさん(G25)

映画を作り始めて10年目。9作目となる「バリアフリーかあちゃん!!」が、この2月24日に愛知県知多郡の東浦町文化センターで上映されます。
 
ishimarumidori flyer jpg
東浦町のみんなで作る映画「バリアフリーかあちゃん!!」は、「他者受容・多様性」がテーマの作品。東浦町が家康公の母君・お代の方の生誕地であることから、「母の無償の愛」が、多様性を受容するココロを育み、さまざまなバリアを克服していく過程を描いている。
 
 「社会には、若い人ばっかりじゃないし、障がいを持つ人もいる。病気を抱えている人もいらっしゃる。今はLGBTの問題も。さまざまな人がいるマチの中で、いろんなヒトが抱えているバリアを乗り越えていけるような話にしたい」と、映画に込めた思いを話す石丸さん自身も、離婚・シングルマザー・ご次男の障がい等、人生の荒波を乗り越えてきた経験を持つ。
 
 「離婚して、まだまだ、病児保育の社会制度やシングルマザーという言葉も無い時代。正社員の道は無く、非常勤やフリーという不安定な経済基盤の中で子育てをしてきました。クラスでは息子が心無い言葉に傷ついたり、無理解や偏見に、私自身も屈辱的な思いをしたりということもありましたが、今でも、こうしたバリアに悩む人は少なくない。大切なことは、『気づくこと』。こんな方もいるんだなとか。私自身も、息子が障がいを持たなければ全く知らなかったんですよね、発達障がいのこと。また、自分の心の中にバリアを作っていることもあります。この映画を観た方には、誰もが持っているバリアを打ち破って乗り越えてもらいたい」

 「映画には、高齢のおじいちゃんやおばあちゃん、シングルマザー、小学校の時に交通事故で高次機能障がいを持ってしまって今は画家として活躍している人、外国人も出てきます。東浦にはブラジルの方も多いんです。実際、いろんな人に出てもらっています。でも、実は、『おかあちゃん』自身もバリアを抱えているんです。まあ、それは映画を観ていただいてのお楽しみですね(笑)! 」
 
映画制作の始まりは岐阜県恵那市の「女城主の里」にココロ動いたこと!

 「それまではグラフィックの世界で、映像は、やったことがありませんでした。たまたま、岐阜県恵那市の岩村町を訪れた時、そこが『女城主の里』であることを知って興味を持ったのが始まりです。最初はグラフィックが専門ですから、Webや、パンフレット・絵本などの紙媒体で、『町興し』をと思ったのですが、いろいろ史実を調べていくと、この女城主の生き方が、とてもドラマティックで素晴らしかった。織田信長の叔母でありながら、敵方の武田の武将と結婚する。最期は、信長の怒りをかって、処刑されてしまう。このストーリ―性に惹かれて映画を作ってみたいと思いました。映画で地域のブランディングができるのではないか。歴史や文化や産業など、ココロが動くものに材を求めて、地域のストーリーを作って地元参加のプロジェクトを企画しながら映画作りをしています」


ishimarumidori 3.jpg
  岐阜県恵那市岩村町の「まちおこし」映画 「みつけもの」 著作:石丸みどり&城下町ホットいわむら

第1作目の映画「みつけもの」はゼミの学生との合宿で撮影が始まった!

 愛知淑徳大学のメディア・プロデュ―ス学部(現在の創造表現学部)でコンピューター・グラフィック・デザインを教えていますが、ゼミの学生たちは、映像を作る授業も受けていますので、撮影は学生が担当し、私は脚本と監督を手がけて、岩村町で合宿して撮りました。2010年夏のことです。岩村町の人々との繋がりもできました。エキストラのみならず、役者・スタッフとして、町のみなさんが参加・協力してくださいました」

 制作過程をホームページにアップしていたら、名古屋出身の堤幸彦映画監督から、彼が特任教授を務めておられる愛工大で話をしてほしいとオファーを頂き、学生と一緒に出かけて、こんな風に撮影をしましたとお話しました。これから編集と言う段階だったので、堤監督からは、映画編集のアドバイスも頂きました。

 「今作の『バリアフリーかあちゃん!!』も、地域の皆さんを巻き込んで映画作りをする私の姿勢と、映画で終わらせず、地域をプロデュースしていくスタイルに共感してくださった東浦の皆さまから、シナリオ作りと監督のオファーをいただいて実現しました。今後、いろんなところでの第2、第3の上映会を願っています。母校南山でも是非!」と、石丸さんのココロはどこまでも動いている。

                                                                            文:塩野崎 
                        写真:酒井秀夫さん(S35) 
                     ご紹介者の酒井秀夫さん(写真下左)
                                     
ishimarumidori5.jpg
*次回メルマガ138号では 石丸みどりさんの地域ブランディング活動についてご紹介いたします。              

 東浦町のみんなでつくる映画「バリアフリーかあちゃん!!」 第1回上映会
 2019年2月24日(日)18時開場/18時半開演
 東浦町文化センター 愛知県知多郡東浦町石浜岐路10
 入場無料
 ひがしうら映画プロジェクト主催
 東浦町教育委員会・東浦町社会福祉協議会・東浦町商工会・愛知淑徳大学・日本福祉大学 後援

石丸 みどりさんG25

ブランディングデザイナー&映画監督/一般社団法人ものがたりラボ代表理事

愛知県立芸術大学美術学部前期博士課程修了(美術修士)

愛知淑徳大学非常勤講師・愛知工業大学非常勤講師

愛知県立芸術大学非常勤講師・愛知教育大学非常勤講師

日本デザイン学会会員・日本色彩学会会員

http://com-design.info



Date:2018.12.27 Posted by:kanoko

結崎 涼さん(G37)よりコンサートのお知らせです。

中日ビル2階
サンモリッツ アフター5コンサート

日時:2019年1月21日(月)19時から (開場18:45)

会場:サンモリッツ中日ビル店(名古屋・栄 中日ビル2階)

出演:結崎涼・木須康一&冬杜雪葉・鳥居ますみ

180121_G37ryo.jpg


結崎涼・木須康一&冬杜雪葉・鳥居ますみ
出演
結崎涼・木須康一&冬杜雪葉・鳥居ますみ

Date:2018.11.18 Posted by:minami

富田三美子さん 日本画展 「結ぶ」

会期:2018年11月15日(木)から20日(火) 10時から17時 (最終日は16時まで)
会場:妙香園 4階 (名古屋市中区栄3丁目14の14 電話 052(241)1533


tomitamimiko musubu.jpg
「立山の春夏秋冬」















個展タイトル「結ぶ」は、「神さまから与えられたご縁を結ぶのは、あなた自身ですよ、とある方からいわれ、そのご縁を大切に結ばせていただきたいとの想いからつけました。そこに込めた願い通り、たくさんのご縁を結んでいただいています」


tomitamimiko horaiken.jpg蓬莱」(左) 「鳳凰と鹿」(右)

「『蓬莱』(左)に描いた酒器は、亡夫が、通った鰻屋さんで,お食事しながらお酒をいただくのが大好きで、そういう時、いつも出してくださる酒器がこれでした。夫が気に入り、どこで求められますかと伺うと、手に入らないものということでした。思えば、亡き父も、亡き夫も、最後にいただいた食事は、このお店の鰻でした。父は病室で、夫は最後の外食でしたのは、ほんとうに不思議なご縁ですね。

父の頃から、お店の方々とのご縁が繋がって、夫の好んだ酒器の話が、女将の耳にはいったのでしょう、夫の亡き後、女将から、この酒器が贈られてきました。何年か前のことですが、その時の感謝の想いを描きました。「結ぶ」と願った今回の個展に、この絵を掲げましたら、思いがけず、その話を取り継いでくださるご縁にも恵まれて、そのことを知った若女将が、かけつけてくださいました。ほんとうに夢をみているようです。嬉しいです」 (ミミ談)


tomitamimikogaten3.jpg

tomitamimiko.jpg

富田三美子
 
南山高校卒業
名古屋造形大学短期大学日本画科卒業
卒業後 千原謙佶先生の指導により児童絵画教室について学ぶ

現在 ミミ絵画教室(名古屋教会幼稚園)主宰

   「今の絵の先生は子どもたちです」




Date:2018.11.14 Posted by:kanoko

 今年9月の男子部文化祭に出展していた男子部「アマチュア無線クラブ」の活動が、専門誌『CQ ham radio』2018年11月号に大きく掲載されました。

1811_CQhamradio_cover-1.jpg
      
           
  当日、私は東京から男子部文化祭に行きました。その時の模様が掲載されています。

 1964年、当時、高1だった私(S19)が、同好の仲間2人(S18 の時田昌幸先輩と、S20 の大西直樹君)と創ったこのクラブは、その後、人数不足で廃部になってしまっていましたが、昨年(2017年)に復活しました。
 
今回の文化祭は、元ラジオ部の先輩の加藤建さん(S 17)から、「無線クラブが復活するから是非とも来るよう」、強くお誘いがありましたので伺いました。私が高校時代に指導してくださった、当時、既に社会人だった先輩達との再会も果たすことが出来ました。
 
 その日、無線クラブが取材をうけたことは、雑誌発売後に、創立メンバーのひとりである大西君から連絡を受けて知ることになりました。

 現在、活動中の男子部5人のメンバーが、 無線機の展示、アンテナを仮設しての無線交信、モールス信号の実演などの催しを行った文化祭の様子や、インタビューが掲載されており、「アマチュア無線クラブ」の十数年ぶりの復活に、とても感慨深いものがありました。  
            
                                            花井孝一(S19・常盤会東京支部幹事)
 
『CQ ham radio「青春よ、空へ!学生クラブ訪問」





Date:2018.11.12 Posted by:minami

パシイワ(日本汎太平洋東南アジア婦人協会・愛知支部)講演会
「魅惑の国タンザニア  その人々と文化 日本との交流について」

講師:清水邦子氏 
         駐日タンザニア大使館中部地区商業文化交流名誉代表(G20)
   ギャラリー・タンザニアフィリア CEO

アフリカ大陸に 夢を馳せ ケニアに留学

スワヒリ語を学び JICAなどで国際交流の経験を積む

愛知万博を機に タンザニアとの交流活動をスタート

両国を行き来して 文化・商業・医療など様々な分野で人と人との輪をつなぐ


tanzania ppseawa.jpg

        (撮影:清水邦子さん 2018年10月 「大地の人々」)


日時:2018年12月1日(土)13時から15時(受付12時半から)

会場:名古屋観光ホテル18階 伊吹

会費:3000円(茶菓代含む)

お申込み: 

  余語雅子(G07・パシイワ愛知支部支部長) rd_2014@yahoo.co.jp

  太田真知子(G07・パシイワ愛知支部国際国内委員会) machiko-ajisai@ktj.biglobe.ne.jp

  塩野崎佳子(G20・パシイワ愛知支部会員) ytshion@sf.starcat.ne.jp

日本パシイワ Pan-Pacific and South-East Asia Wowen's Association of Japan
  
  今年、90周年を迎えました。
汎太平洋と東南アジア地域の女性が互いに学び合い、社会、女性の問題の研究と改善に努め、ひいては世界の平和に寄与することを目的としています。
  3年に一回、加盟国で国際会議、その翌年には中間会議が開催され、日本からも多数の会員が参加しています。
(2019年/本会議・台湾 2020年/中間会議・日本)
 日本パシイワ会長 西立野 園子(G11)


★常盤会Webタウンぶらぶら 清水邦子さん&タンザニアフィリアの紹介記事

                                             

ページトップへ
アーカイブ